"ネット証券を利用して株式やその他の金融商品の取引を行い、そして利益が発生した場合には確定申告をする事が必要となってきます。所得が発生すれば税金を納めなければならないというのは、日本国民としては当然のことですから、それを嫌だという人はいないと思います。しかし、その手続きが面倒だと感じる人もいるでしょう。 手続きを簡略化するためのものとして特定口座があります。特定口座には源泉徴収ありと源泉徴収なしの二つがあるのですが、源泉徴収ありにしておくと納税までネット証券が行ってくれます。自分で確定申告を行っている自営業者などの場合には、株式の利益も一緒に申告をすれば良いのですが、サラリーマンの場合にはわざわざ手続きを行うのは面倒でしょう。このようなときには、源泉徴収ありの特定口座を開設しておくと便利です。 源泉徴収なしの場合には、最終的に自分で納税をしなければなりません。その手続きは行わなければならないのですが、売買に関する書類についてはネット証券が作成してくれます。ですから、手続きは非常に簡単になると言えるでしょう。このようなことから、口座を開設するときには、やはり特定口座を選んでおくメリットは大きいと言えるでしょう。"